tachibananoki

記事一覧(9)

筆文字を楽しむ書道

こころを彩る いけばな草月

【開講日】   月曜日 13:00~15:00(第1週・第3週) 木曜日 10:00~12:30(第2週)       * 所要時間は、初心の方で1時間半程です。* 時間内にてご都合のよいお時間においでください。【受講料】月1回 2,000円月2回 3,500円月3回 4,500円生花代 1回 1,200円程度 テキスト代(初心者)1,620円★体験 1,000円 花材代1,200円【持ち物】 花ばさみ(枝の切れるもの)、花包み、筆記用具【定 員】 5名【対 象】 子供から大人までの男女【講座内容】植物と語らう時間は 心にやすらぎと充実感を与えてくれます。初めての方は、テキストに添っていけばなの心得を学びましょう。段階を重ねるにつれ、基本の型から自由花、更に植物を使った表現を深めていきます。「いけばな」は、一期一会。植物、器、いけ手、その時々の出会いを楽しみながら、植物の短い命を大切に思いを込めます。さあ、あなただけの「いけ花」を咲かせましょう!* 希望者はテキスト終了毎に、順次資格を取得できます。  【講座形態】上記日程内にて月1回から3回、ご希望の曜日をご指定ください。振替について 講座日の3日前までにキャンセルのお知らせをいただいた場合には6か月の間で振替受講が可能です。講座日の3日前を過ぎた場合のキャンセルにつきましては、振替及び受講料の返金は致しません。お稽古で使用する生花のキャンセルは講座日の3日前まで受け付けを致します。3. 月1回コースの方が追加でもう1回受講される場合は2回コースの金額との差額1,500円で受講が可能です。   【講 師】 草月流師範  佐 土 原  夏 葉

土器作り・野焼き

オリジナルの土器や土偶づくりに挑戦!縄文時代と同じ野焼きで焼き上げます!今から約15000年前、縄文時代の日本、世界でも最も古くから土器づくりが始められていたとされています。  粘土をこね、自由にカタチを作って、窯を使わず薪(間伐材)の炎だけで自分だけの土器や土偶を作ってみませんか ?【開催日】土器作り・野焼き次回開催未定【定 員】各回10名程度【対 象】 子どもから大人まで【受講料】5,500円(税込)材料費、野焼き代込み【野焼きについて】1日目は、土器の形成まで行います。作品はたちばなの木でお預かりし、乾燥させた後に野焼きを行います。追加費用は不要です。是非この機会に野焼きにもご参加ください。野焼きへの参加が難しい場合でも完成した土器はご自宅へ発送(着払い)する事も出来ます。当講座で制作した作品のみ野焼きしていただけます。【薬王寺太一氏プロフィール】東京生まれ、横浜在住。大学では社会学専攻(高校教諭1種取得)在学中より土・火・水・木・気、人の手を介して作り出される陶創作による表現に魅力を感じ創作活動を始める。山梨・佐賀の窯元での修業を経てイタリア・リトアニアなどで創作・築窯・アートプロジェクト、個展・コンペに参加。現在は、間伐材を燃料とした野焼き焼成による土創作を中心に活動中。横浜市埋蔵文化財センターにおいて土器修復・実測などの調査補助や考古資料サンプル制作・遺跡内の土器づくり指導なども勤める。

初めてのきもの

【受講日】《全10回コース》・水曜日 14:00~16:00(第2週・第4週) 120分・水曜日 16:30~18:30(第2週・第4週) 120分 ・水曜日 19:00~21:00(第2週・第4週) 120分  《フリーレッスン》ご希望の回数、ご希望の内容のレッスンを承ります。事前予約制    開講日以外でも曜日・時間ご相談ください。《体験レッスン》着物の着方の流れを体験します。予約制(お持ち物は別途ご案内します)【受講料】《全10回コース》35,000円 (全10回)《フリーレッスン》3,500円 1回★全10回コースの受講を修了された方は、1回2,500円で何回でもフリーレッスンが出来ます。復習レッスンはもちろん、他に二重太鼓、変わり結び、フォーマル着物の着方をマスターしたい方はフリーレッスンでどうぞ。《体験レッスン》1回 2,000円 90分【定  員】 各クラス2名~3名【対  象】 18歳以上 女性【持ち物】 受講される方に詳細をお知らせいたします。【講座内容】一人で簡単に着物を着ることが出来るようになることを目標にお稽古します。着物を身近に楽しむことが出来るようになるための講座ですので、資格取得のための講座ではありません。着物を着る実技とともに、着物に関する知識を学ぶことが出来ます。少人数でのレッスンですので、毎回のレッスンで学ぶことをしっかり自分のものにできる内容となっています。眠っていることの多い着物を、身近に着て楽しめるようになりましょう。~講座の流れ~第1回 オリエンテーション 着物の名称、着物のたたみ方、肌着の着方、補正について第2回 半衿付け第3回 デモンストレーション~長襦袢を着る第4回、5回 着物を着る(知識:着物の種類を知る、自分のサイズを知ろう)第6回 着物を着て半巾帯を結ぶ(知識:帯の種類を知る)第7回、8回、9回 着物を着て名古屋帯を結ぶ 第10回 仕上げ ①綺麗に見えるポイント ②着くずれの直し方【講座受講について】☆受講開始時期については随時受け付けております。ご相談ください。☆振替について 全10回受講して下さい。期限はありませんが、なるべく続けて受講されることをお勧めいたします。☆着物などの販売は一切ございません。お手持ちのものをお持ちください。レンタルをご希望される方は、数に限りがございますので、申し込みフォーム質問等の欄に「レンタル希望」とご記入ください。レッスン最後にクリーニング代として2,000円頂戴いたします。直接身に着ける肌着、足袋などはご自身でご購入下さい。ご不明点についてはお気軽にお問い合わせください。 【講 師】 山 口 祐 子 1級着付け技能士